FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Adobe Pass Powers Olympics Coverage

9月5日

 

AdobeのTV Everywhereソリューション、NBCオリンピック放送のストリーミングサービスで採用

 

HBO Nordic.com

 

米アドビシステムズは同社のビデオ統合プラットフォーム「Project Primetime」のキーコンポーネントであるAdobe Passが米NBC Olympicsのストリーミング放送でいかに活躍したかをブログでアプローチしている。

 

 

Adobe Passは、TV Everywhere構想のサービスを開始するにあたり、ユーザー資格を検証しコンテンツセキュアな環境を構築するプラットフォーム。 NBC Olympicsがリリースした専用アプリの開発でもAdobeの制作ツールが起用されている。 そのほか、NBCの広告挿入、測定やマネタイジングコンテンツの提供、アプリのデジタル分析においてもAdobeのTV Everywhereソリューションが採用されている。

 

 

同社の公式ブログによるとAdobe Passは現在、150以上のケーブルおよび衛星事業者に採用され、NBC Olympicsをはじめ、Fox、 ESPN、CNN、TNT、MTV、Disneyといったネットワークのコンテンツをマルチスクリーンへ配信しているという。 今年に入って、NCAA®March Madness®、UEFA EURO 2012サッカー欧州選手権 、NBA プレーオフ、そして夏季オリンピックのライブイベントのストリーミング放送でも活用された。 同社によると、米国の一般世帯の98%が、Adobe Passが採用されているサービスで何かしらのストリーミングコンテンツを視聴しているという。 同社は今回NBCの採用事例を発表したのと同時に、NBCがオリンピック放送で検証したAdobe Passの新バージョン2.0も同時に発表した。

 

 

 

新バージョンでは、オリンピック期間中、Comcastやケーブルビジョンが使った、テレビサービスとインターネットサービスの加入者を認識するプロセスを簡単にシームレスで行える自動認証や、トライアル視聴サービスを瞬時に受けられるようにするシステムを構築できるフリープレビュー機能、サーバーAPIなどが含まれる。

 

 

  NBCは、オリンピック期間中に8800万本ものストリームを配信した。 これはTV Everywhereが始まって以来、1つのイベントで流した最大のストリーム数だという。デスクトップからの視聴数は全体の70%。 残り30%ではモバイルデバイスからだが、そのうち81%がiOSのデバイスだったという。 またペイTVサービス加入者からのアクセスは700万人だった。

 

ProNews投稿記事

 

 
 
 
BACK TO TOP