FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

HBO Cuts the Cord in Nordic Countries With Own OTT Service

9月5日

 

HBO、海外でNetflixと対決、北欧でOTTサービスを10月から開始

 

HBO Nordic.com

 

HBOは10月中旬から北欧で、独自のOTT(オーバーザトップ)ストリーミングTVサービスを開始する。

 

 

本家HBO( Home Box Office)はParsifal International(パルジファル)との合弁会社HBO Nordicを設立しており、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーとフィンランドといった北欧地区のペイTV事業者へ番組の配給に加え、自身でオンラインのストリーミングサービスをHBONordic.comから提供していく。

ペイTVサービスに加入していなくても、HBOのストリーミングTVサービスだけを月額およそ米12.58ドルで受けることができる。 配給するコンテンツはHBOオリジナル番組の最新エピソードから、過去のエピソードまで、各国の言語を含めた多重言語で提供する。

 

 

HBOは本来、オリジナルのストリーミングTVサービスを米国で展開したがっていた。 今回HBOは北欧にてコンシューマーへダイレクトなOTTサービスを開始するが、米国ではHBO番組を放送している(CATV統括運営会社)経由で、HBO番組をマルチスクリーンで観ることができる「HBO.GO」サービスをオプションサービスとして提供できるのみでとどまっている。

 

 

 

Netflixでも丁度、同じ日程に同地域でサービスを開始することを発表していた。 Netflix社の最高経営管理者であるリード・ハスティングス氏はフェイスブックを通してHBO Nordicが同市場へ参入することを歓迎していると語っている。

 

 
 
 
BACK TO TOP