FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Google Fiber pre-registrations crack 30% penetration

8月22日

 

Googleの光TVサービス、限定エリアの30%世帯が仮加入へ

 

 

米Google社が7月26日から本格始動をしている独自の超高速ファイバーサービス「Google Fiber」の仮加入世帯数が、サービス提供対象地域の30%を占めたことが同社の統計で明らかになった。 現在、先行してサービス加入の申し込みを行っているのは、カンザス州とミズーリ州にまたがるカンザスシティである。 

このサービスは一家庭だけでは受けられない。 近隣住区で仮加入登録が多い地域ほど先にFTTHネットワーク工事を行ってもらえる仕組みとなっている。 Googleでは、世帯数5%~25%程度の仮加入登録数で工事が可能とみなしており、各地域によって加入世帯数の割合が違っている。 

同社のオンラインサイトでは登録数を追跡しており、自分の近隣住区の仮加入者数「fiberhoods」が閲覧できるようになっている。 現在、カンザス州のカンザスシティで43地域、そしてミズーリ州のカンザスシティで67地域が既に工事が行えるだけの世帯数が揃っている。 同社サイトのランキングでは、ミズーリ州のカンザスシティの4地域において、各地域にいる30%以上の家庭が仮加入登録を済ませている。(Fig1) カンザス州では、トップ2地域が30%以上となっている。(Fig2)


同社は同地域で既に定着しているタイムワーナーケーブルやAT&TのU-verse TVサービスに真っ向から対抗していく恰好となったが、仮加入者登録を募って5週間弱で既に100地域が工事を請けられるだけの加入者世帯数が揃った。 同社では「Fiber Space Lounge」というプロモーションやカスタマーサポートのための施設やスペースを各地域に設けている。 加入者を募るイベントや説明会を行っている施設では、スペースを利用したティラピス・ヨガなどのフィットネスやミニコンサート、ビジネスセミナーといったイベントも開催している。

Googleでは9月9日まで仮登録者を募集していく。 期限後はfiberhoods数が多い地域から1Gigの FTTHネットワークを家庭まで引く工事を行っていく予定。

 

ProNews投稿記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP