FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Apple Removes YouTube App From iOS 6

8月7日

 

Apple、iOS6でYouTubeアプリをバンドルせず

 

米Apple社は8月6日(現地時間)に、開発者向けに年内にリリース予定の次期モバイルOS「iOS6」のベータ4をリリースした。  

このベータ4では、YouTube.appがソフトウェアバンドルから外されている。  同社が米報道に語ったところによると、Google社間においてYouTubeアプリ使用ライセンス契約が終了しているからだと言う。  

今後、次期iOSを実装したiPhoneやiPadでYouTubeを使うにはSafariブラウザ上からになる。 GoogleではAppStoreから購入できる単独アプリとして開発中という。 またGmailかGoogle Drive用のアプリとしても、iOS版アプリの後にリリースする予定である。


YouTubeアプリはiOSが登場した2007年以来、常にプリインストールされていたアプリの1つだった。  本来の目的は、MP4と3GP (MPEG-4 / H.264コーデック) フォーマットビデオをYouTubeカタログで対応させるためのゲートウェイだった。 これはAppleハードウェアのデコードブロックと互換性のあるビデオフォーマットに、YouTubeカタログを一致させるニーズを動機させるものとなり、それ以来、ほぼどのSoC内のビデオデコーダでもH.264を扱えるようになった。 


AppleがGoogleとライセンス契約を行ったのは、Googleがモバイル市場で競合となるAndroid OSをリリースする前のことだ。 この6月にAppleが開催した開発者向けカンファレンスでも「Google離れ」として、Google Mapsに代わる独自マッピングソフトウェアを実装することを発表している

 

ProNews投稿記事

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP