FONT
S
M
L
 
 
 
 
HOME  INDUSTRY NEWS
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 

業界ニュース

 

 

Disney Channel to launch 'TV everywhere' service

05月31日

 

ディズニーチャンネル、’TV Everywhere’サービスの開始間近か

 

米ロイター報道が伝えたところによると、米ディズニーチャンネルがComcastの加入者向けにディズニーチャンネル番組をどこでも見れるモバイル用アプリをリリースするという。 これは、ディズニーチャンネルの最高経営管理者ボブ・イガー氏が5月30日に投資家たちに伝えたもの。

Comcastサービスの加入者たちが無償で使えるアプリは、ディズニーが提供するESPN番組がモバイル端末で観れるWatchESPNサービスで使っているものと似ているという。

ケーブル事業者でも浸透している「TV Everywhere」は、NetflixなどインターネットTVサービス事業者に加入者を引き抜かれないようにする対策であることは過言ではない。ユーザーがどのような形でもコンテンツを視聴できる環境を提供することで、加入を維持させようという意図である。 

ケーブルテレビサービスの月額はインターネットTVサービスに比べて高価である。 オンラインテレビでは大手ネットワークのニュースも観られる現状、NetflixやHuluで映画やエンターテイメントコンテンツをカバーできれば、すべてオンラインサービスで解決できてると、とらえられがちだ。

ディズニーがComcastを最初に選んだ理由として、Comcastと今年1月に更新した、ディズニーおよびESPNのコンテンツライセンス契約を挙げている。 WatchESPNはリリース当初はTime Warner Cable(TWC)に提供されている。 5月に入り、Comcastがモバイル向けのスポーツ番組サービスをTVサービス加入者へ始めたことから、Comcastへの提供に着目したという。 Comcastでは加入者4000万人へリーチすることができる。 またディズニーでは、今回のコンテンツ以外に、ABCとABC系列のケーブルチャンネル番組についても、モバイルアプリで提供することを検討しているという。

5月8日にディズニーが発表した1~3月期決算は、売上高が96億ドル(約7700億円)であった。 ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した映画「ジョン・カーター」の不振で2億ドルの損失を出したものの、ESPNなどで収益をあげたという。

 

 

 

 

企業に関連する記事

技術に関連する記事

 
 
BACK TO TOP